2010年03月29日

密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)

 岡田克也外相は23日の記者会見で、日米密約関連の重要文書が外務省内で破棄されたとされる問題で、第三者委員会を設置し、実態調査を実施することを明らかにした。核搭載艦船の寄港をめぐる日米密約ファイルについて、東郷和彦元外務省条約局長が平成11年に後任局長の谷内正太郎前事務次官に引き継いだものの、省内に残っていない問題が対象。

【関連記事】
首相、非核三原則の法制化は「検討課題」 長崎市長に
【佐藤優の地球を斬る】検証はばむ隠蔽体質にメスを
「非核二・五原則化」模索の実態が明らかに
岡田外相、密約関連文書破棄で調査を表明
鳩山首相、参院選公約「聖域なく議論」
20年後、日本はありますか?

普天間、首相「自分の意思示す時期ではない」 23日の普天間関係閣僚との協議(産経新聞)
食品安全庁を設置へ=農業基本計画に明記−政府(時事通信)
在メキシコ大使館にハッカー侵入=個人情報2700人分流出か(時事通信)
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」(産経新聞)
組織のゆがみ指弾 高松塚劣化、あぶり出された「人災」(産経新聞)
posted by マツモト マサオ at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。